dd375236a11f597118efa0637bfa1423_s

生後6カ月ごろから歯が生えは始めるた時から、
こどもの歯に気を使う…一見当たり前の行動かと思いますが、
実は妊娠中のお腹の中で、子供の歯の根はすでに作られているのです。

もし、現在妊娠中、またはこれからお子さんを持つ方には
ぜひとも知っておいて損のない内容です。

妊娠6週目には歯が作られている

お腹の中で6週目にもなると、歯の根が作られていきます。
その為、こどもに対してあなたができることはすでに妊娠中から始まっているということになります。
心がけ一つで、良い歯を育ててあげることが出来る為、以下の様なことを意識しておくことがよいでしょう。

まず、大前提としてお母さん自体の歯の環境を整えること。

虫歯がある場合はしっかりと治療を行います。
また、予防という観点からも必ず歯医者にいきましょう。

女性ホルモンが増える妊婦さんですが、歯周病の栄養にもつながる女性ホルモン。
その為、普段よりも気を使う時期とも言えます。

次に栄養バランスも大切です

カルシウムを中心にバランスの取れた食事を心がけることです。
食事をよく噛んで食べることで、唾液の分泌量も増えて
体や歯の両方に良い作用がありますので、食べる際にも意識した方が良いです。

将来、こどもの歯を健康に育てる為には親の意識が何よりも重要です!
身近なことから重要な対策につながりますので、是非がんばってみてください!

また、虫歯の原因菌を退治するブリアン歯磨きグッズもありますので、
そういったものをとりいれることも有効的と言えます。